事務所開設、移転の初期費用軽減

事務所を新規開設したり、自宅兼の事務所にしたり、小規模で事業(SOHO)を行う上で初期費用を抑えることは経営者の課題です。

事業(会社)を始めて、1年後に残る割合は60%と言われます。

残れない理由の大部分が、資金切れです。

逆に言うと、資金さえあれば倒産せずに生き残るのです。

事業開始時に資金を残すことにこだわるのは、当然と思いませんか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:あれこれ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ